工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

感想作品リスト「五十音順」

感想を書いた作品を五十音順にまとめました。リンク先はシリーズの一巻になっています。

ア行

カ行

サ行

タ行

ナ行

ハ行

マ行

ヤ行

ラ行

ワ行

終わる世界の片隅で、また君に恋をする 感想

※ネタバレをしないように書いています。

たとえいなくなったとしても……

情報

作者:五十嵐雄策

イラスト:ぶーた

ざっくりあらすじ

いつからだっただろうか。この世界で奇妙な現象が起こり始めたのは。

人がその名前も、周囲との関係も、ありとあらゆる思い出を忘れてしまう。そうして、誰の記憶からも消えてしまうのだ。

――忘却病

いつしかその現象はそう呼ばれるようになっていた。いつかこの世の全ての人が互いに忘れてしまったとき世界はどうなってしまうのか。それに抗うように、僕は保健室登校の生徒、桜良先輩と一緒に、忘却病に罹った人々の最後の願いを叶えるべく『忘却病相談室』を始めることになった。

そんな中、この現象の真実に近づいていく。

感想などなど

今回の作品は忘却病に蝕まれていく学校のクラスメイト達と主人公達との関わりを描いた短編集となっている。設定としては「FF零式」を思い出しました。あれは死んでから忘れるという物でしたが、こっちは生きている合間に周りの人達から忘れ去られていくという、生き地獄のような残酷なものです。

さて、桜良先輩と『忘却病相談室』を保健室でやっていきます。やることと言えば忘れ去られていく人達の最後の願いを叶えるというもので、やってくる人達は忘却病の前兆として仲の良かったはずのクラスメイト達に徐々に忘れ去られていく最中、最後に叶えたい思いを抱えてやってきます。

それは家族関係のことだったり、好きな人に関係することだったり、親友に関することだったり……。

どれも人間関係に関するもので、人が最後の最後に望むものは個人差あれどそういうものなのかな、と色々と考えさせられます。

二人は協力してそれらの願いを叶えていきます。

そして、あっさりと当たり前のように最後には忘れていきます。苦労して願いを叶えたはずなのに、願いを叶えてあげたことだけでなく、名前も存在も思い出も全てがぽっかりと消えてしまう。

そんな悲しすぎる現実を前にしても、主人公達は ”忘れてしまったから” いつも通りの日常を歩んでいきます。

どんなに忘れたくないと言葉を並べ立てても、みんな忘れていきます。救いはいつまで経ってもやってきません。

忘却病を皆受け止めて生きています。

 

これは恋愛物語です。

終わる世界……この忘却病がこのまま広がっていけばいずれ終わってしまうことでしょう。そして、たとえどんなに残酷な世界だとしても、誰か人を好きになってしまうものです。

それは忘却してしまうと分かっていたとしても避けられないものです。

あまりにも残酷すぎる現実を前に、主人公は一体どんな選択をするのか。残酷であり、きれいな物語でした。

王手桂香取り! 感想

※ネタバレをしないように書いています。

三度の飯より将棋が好き

情報

作者:青葉優一

イラスト:ヤス

ざっくりあらすじ

中学一年の上条歩は、同じ将棋クラブの主将大橋桂香先輩をひそかに憧れていた。

そんな歩の元に突如美少女達が現れる。

「私たちは将棋の駒だ」

彼女たちは自らを将棋の化身だと名乗り、人知を越えた将棋の強さを持っているのだという。そんな彼女たちの指導のもと、歩は棋力を上げていく。

折しも団体戦を控えており、歩は桂香先輩と共にライバルを倒すべく奮闘する。

感想などなど

りゅうおうのおしごと!」という将棋ラノベを最近読んでいた。今回読んだこの「王手桂香取り!」は扱っているゲームは同じであれ、大分毛色の違うものであった。

まず、主人公である歩は天才ではない(いや、今後は分からないし、成長速度的には天才のそれかもしれない)。闘う舞台もプロの世界ではなく、中学生の一般的な将棋サークルであってかなり現実的なものだ。最初あらすじも見ないまま読み進めていたときは、もしかして王道スポ根のようなものなのかなと思ったくらいだ。

そんな中の非現実的展開。

駒の擬人化である。今回は桂馬と香車と歩の三枚が美女(以下駒娘)となって登場する。

彼女たちは将棋の神様に近しい存在であり、プロよりも遙かに強い(プロに飛車落ちで難なく勝てるレベル)。

さて、ここから『超美人に囲まれて将棋を教えて貰うというラノベ的展開』が始まっていく。ハーレムかと言われると恋愛感情はないので違うかも知れないが。

そんな物語の中では、登場人物達の恋愛模様と将棋で戦う上での戦略に重きが置かれている。

歩は大橋桂香先輩のことを憧れだとか可愛いだとか口では言っているが、誰がどう見ても先輩のことが好きである。そんな歩のことを駒娘達は「積極的になれ」だの「強さを見せつけてやれ」だの色々教育してくる。

その結果歩とる行動は作品を読んで確認して欲しい。冒頭からどこか影の薄かった男子中学生が踏み出す一歩は、小さく見えて実際は大きいものである。

そして、将棋の戦略。歩は決して天才ではない。そんな彼が大切な誰かのために本気で勝ちたいと願った。しかし、的は自分よりも各上である。特訓の時間もさほどない。

では、どうすればよいか?

駒娘達とも協力して思案する(ここらへんでかなり将棋の専門用語が登場する。それなり分かりやすく書かれてはいたが混乱するかも知れない)。

だが、いくら人知を超越した存在である駒娘達が協力してくれたといえど、頭を使い試合に臨むのは結局主人公だ。その目まぐるしく展開される試合は最高の盛り上がりを見せる。

 

将棋の専門用語がかなり出てきて、試合描写はかなり細かく書かれている。三枚分しか登場していない駒娘達が今後どうなっていくのか。先輩との関係性はどうなっていくのか。先が気になる作品でした。

ガンゲイル・オンラインⅠ スクワッド・ジャム 感想

※ネタバレをしないように書いています。

キノの旅」作者が描く、本格ガンアクション

情報

作者:時雨沢恵一

イラスト:黒星紅白

監修:川原礫

ざっくりあらすじ

身長183cmの女子大生・小比類巻香蓮。自身の高身長がコンプレックスで現実世界では人付き合いがうまくできない彼女を変えたのはVRMMO《GGO》だった。

身長150cmに満たないという理想的なアバターを手に入れた彼女は、全身ピンクの戦闘服にピンクの銃を引っ提げて、GGOの世界を一人で堪能していた。

そんな彼女の前に現れた美人プレイヤー“ピトフーイ”。GGO内では中々レアな女性プレイやということもあり互いに意気投合する。二人でGGOの世界を遊び回っている最中、複数人でチームを組んで闘うバトルロワイヤル スクワッド・ジャム が開催されることになる。

その大会に参加するようピトフーイから打診される。

感想などなど

SAOのGGOの設定で「キノの旅」作者が描いた作品。SAOでは何だかんだ主人公が剣で無双している話だったが、こっちではしっかりガンアクションしている。

説明はいらないかもしれないが、GGOとはVRMMOのゲームの一つであって、近未来の銃社会がモチーフ。今現在の銃は遺跡から発掘される古代兵器として扱われ、光線銃が主流の世界である。

そんな世界を旅して、動物を倒したり、対人戦闘によって経験値や武器、お金を集め自身を強化していく。そして、《BoB》(SAOにて登場。個人によるバトルロワイヤル)のような大会に参加して力試しをする……といったゲームである。

ここら辺の設定はSAOでも説明されている。というかそのまんまだ。ちなみにキリトとシオンは登場しない。これについてはあとがきで作者自身も言っているので、ネタバレではない。

この作品ではやはりというべきか、ガンアクションのシーンが大半を占める。最初の方は主人公が身長コンプレックスを抱いているせいでコミュ障になったことや、身長の低いアバターを求めてVRMMOのゲームをやりまくっていたことなど主人公の生い立ちの説明が終わった後は、ずっっっっっっっとガンアクションが描かれている。日常は本当に少しだけだった。

主人公は大学生であるが大学生活はダイジェスト。大学生として最低限の勉強と人として最低限の食事その他を終わらせてしまえば、後は全部ガンアクション。

あぁ、こういうのが書きたかったんだなと生き生きと楽しそうに書いているのが読みながら伝わってくる。そのためなのかは知らないが、本一冊のページ数も450ページほどあってかなり多い。おかげさまで少し値段もお高い。

 

SAOのスピンオフということで、主人公はチート級に強いのではないか? 第二のイキリトが出てくるのではないか? と思っている人は少なからずいると思う。思っていない人は純粋にガンアクションを楽しんでいただきたい。

はっきりいうと主人公は強いがチート級というわけではない。

このゲーム主人公のステータスの値を増やしていって強化することができるのだが、主人公は基本的にスピードばかり上げてきている。

筋力? いや、可愛らしい武器しかもたないし。他のステータス? 最低限で良いでしょ、といったスタンスだ。

だからこそスピードだけは異常だが、他は平々凡々となっている。彼女は彼女なりにステータスを上げていただけなのであって、別に不正をしているわけでも、特別なスキルが与えられているわけではない。

 

ストーリーを楽しむ作品というよりは緊迫したアクションと登場する多種多様な銃の数々を楽しむ作品となっている。アニメではどのように戦闘が描かれるのかが楽しみだ。

 

世界の終わり、素晴らしき日々より2 感想

※ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます(一巻の感想はこちら→世界の終わり、素晴らしき日々より 感想 - 工大生のメモ帳

たとえ世界が終わっても

情報

作者:一二三スイ

イラスト:七葉なば

ざっくりあらすじ

終わってしまった世界でトラックに乗って旅するコウとチィ。

度の途中で出会った上野に誘われて二人が向かったのは、消失を免れた人々が住むコミュニティだった。夏祭りの準備のために賑わいをみせ、切ない恋心を抱いて生きていた。

そんな中、謎に満ちたコウの過去を知る人物が現れた。

季節は夏。太陽は燦々と照りつけてくる。

そこでコウとチィ、二人が見たものとは――

感想などなど

完全に予想外だった。続編があるにしてもコウとチィの二人がただ淡々と銃撃戦の中をくぐり抜け生きていくのだと思っていた。

終わってしまった……人が消失してしまったのはあくまで背景に過ぎない。そんな世界で人々は普通に生活しているのだ。

まぁ、全人類がいなくなったわけではないのだし、人は群れるものである。コミュニティが存在するというのは一巻の途中から明言されていたし、別に疑うようなものでもない。

物語の展開として二人がそのコミュニティに参加するとは思ってもみなかった。これからも二人で一緒に生きていく、と思っていた。

その結果、人々が消えてしまった終わってしまった世界を背景に展開される青春物へと物語の姿は変わっていた。

コウとチィは入ることになるコミュニティで学校に通うことになる。そこでは学生が勉学に勤しみ、休み時間にはグラウンドを駆け回る。今、自分たちの生きている世界でも当たり前の日常が過ぎ去っていく。

しかし、世界は終わっている。だからこそグラウンドの片隅の部活小屋に血だらけの男がいたりする。人殺しの香りがする。

海に行ってキャンプして、ボール遊びに興じ、風呂にゆったりとつかる。

しかし、世界は終わっている。だからこそ海辺に腰掛け、弾の入っていない拳銃で頭を一発撃ち抜いたりする。

世界が終わっていなかったら……というもしもの可能性というやつをどうしても考えてしまう。

 

一巻がチィの過去に焦点を当てた物だとするならば、今回はコウの過去に商店が当てられた物語である。

物語で度々出てくる、恋だの愛だの恋愛だの初恋だの。生きていれば誰もが普通に経験するだろう出来事が、この “人が消えた” 世界では酷く残酷なものになってしまうことがある。

そしてさらに、人が消える原因は明かされてはいないが、おそらく根底に関わっているのが高国との戦争だろう。

……そう、人が消えていなければ今もきっと戦争は続いていたはずなのだ。

もしも人が消えていなかったら果たしてどうなっていたのだろうか。ここにいる登場人物の内何人が生き残ることができたのだろうか。果たして出会うことなどできたのだろうか。

 

愛だの恋だのといった感情に二人はどのように向き合い、折り合いをつけていくのだろうか。非常に難しいテーマに取り組んだ作品だと思う。読んでいて色々と考えさせられる内容でした。

マグダラで眠れⅡ 感想

※ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます(一巻の感想はこちら→マグダラで眠れ 感想 - 工大生のメモ帳

目的を持たざる者と夢を抱く者。

情報

作者:支倉凍砂

イラスト:鍋島テツヒロ

ざっくりあらすじ

 異教徒最大の鉱山の町カザンに、近々入植があると気づいた錬金術師クースラとウェランド。それは、今住むこの町が戦いの最前線ではなくなることを意味していた。二人は何とか手柄を立てて、入植の部隊に配属されるように画策する。

そんな中、伝説の金属ダマスカス鋼の噂が舞い込んでくる。どうやら鍛冶屋組合の若き長のイリーナがダマスカス鋼の作り方を知っているらしい。

呪われた一族の生き残りフェネシスと眠らない錬金術師クースラ。遙か遠くのその先の世界を目指す物語の幕開け。

感想などなど

 難しい。

読んでいて思ったのはそんな感想だった。

元々扱っているテーマが“貴金属の製錬”というこれまた分かりにくく、難しいものである。いっぱい知らない鉱石の名前が飛び出してきても、ほとんど分からないという人がほとんどだろう。まぁ、それはいい。とりあえず「ダマスカス鋼という伝説の金属があって、作ることが難しいんだなぁ」程度の知識で話の大筋は理解できる(……はず)。

自分が難しいと言ったのは、フェネシスとクースラの話の掛け合いだ。

フェネシスが呪われた一族の唯一の生き残りであって、獣の耳が生えていて、白い目で見られ続けていて……。山盛りの不幸属性である。

そんな彼女に対してクースラは色々と言葉をかける。時には厳しく、時には優しく。

その会話には目的や夢という言葉が度々出てくる。クースラがフェネシスに望む何かがあることは何となく分かる……分かるが……それでもやはり難しいということには変わりない。

しかし、この夢や目的というものがこの物語の根幹に関わっていることが分かったとき「あぁ、そういうことか」とようやく納得ができた。

何度も言うが、この物語において重要なキーワードは夢である。

主人公クースラが抱く夢はタイトルにもなっている通りマグダラの地のことだ。では、フェネシスの抱く夢とは何なのだろうか? いや、夢を持っているのだろうか?

他の町にいる人々は夢を持っていないのだろうか?

さて、夢を抱いている人の全てが果たして努力できるのでしょうか。夢を捨てざるを得ない人もいるのではないのでしょうか。

ハイスクールD×D2 戦闘校舎のフェニックス 感想

※ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます(一巻の感想はこちら→ハイスクールD×D1 旧校舎のディアボロス

先輩のために……覚悟はできた。

情報

作者:石踏一榮

ざっくりあらすじ

 

立派な悪魔になるために今日も朝からアリス・グレモリー先輩に修行をつけてもらっている。しかし、最近どこか様子がおかしいのが気になる。

そんな中、部長の婚約者を名乗るライザー・フェニックスが学校に現れた。貴族でイケメンで、下僕は全て女の子のハーレム状態。そのハーレムに部長も加わる!?

部長はその婚約を嫌がっているようで……。

そんな婚約をかけたレイティングゲーム始まりだ。

感想などなど

一巻と続けて、相も変わらず煩悩と勢いで駆け抜けていくラノベでした。〇っぱい談義は抑えめにさっさと感想に入っていきましょう。

一巻で神器の正体がある程度語られました。持ち主の力を何倍にも上げることで、神すらも殺すことができる最強の武器。アーシアを助けるためにボロボロになりながらも立ち上がり、元カノを拳一つで殴り倒した最後の展開は熱い物でした。

さて、アーシアも悪魔として転生し物語は始まっていきます。

煩悩全快の日常の最中、どこか様子のおかしいアリス・グレモリー先輩。

おかしいの極めつけは「処女を貰って下さい」発言。そこら辺の展開は読んで確認して貰うとして……。

それら全ての元凶はライザー・フェニックスという男。

フェニックスという名の通り彼は不死身の男で、レイティングゲームでもし先輩達側が勝利した場合は婚約を破棄しても良いと条件を提示してきます。

レイティングゲームとは仲間をチェスの駒に見立てて闘うゲームで、それぞれの駒の強さはさることながら戦略も重要になってくる。

ライザー・フェニックスは公式にレイティングゲームもしたことがある一方、アリス・グレモリーは今までやったことのない素人。

何よりも問題なのはライザー・フェニックスという不死身の男の存在。レイティングゲームとはキングであるチームのリーダーを倒さなければ終わりません。

不死身の男を倒す……果たして倒せるのでしょうか。

 

当然のことながら、ただ適当に一発ボカンッと殴っただけで不死身の男を倒せるはずもありません。

主人公も神器は神をも殺せる神器を持っていると言っても、神器の特性上持ち主の肉体の強さに依存しているせいか、如何せん神を殺せるほどには至っていません。

それなりに覚悟という奴をしておかなければ。

 

大切な人を守るために、どれほどの覚悟を持って挑むのか。相変わらず、熱いバトルの幕開けです。

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない 感想

※ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます(一巻の感想はこちら→青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

尻を蹴り合った知り合いじゃないですか。

情報

作者:鴨志田一

イラスト:溝口ケージ

ざっくりあらすじ

タレント活動に復帰した桜島麻衣先輩と彼氏彼女の関係になり、浮かれる咲太。しかし、朝目が覚めると付き合う前に戻されていた。

思春期症候群が原因だと考える咲太の前に現れたのは、尻を蹴り合った後輩・朋絵。彼女は友達の憧れの人からの告白から逃げ惑っているのだという。そんな中、ひょうんなことから朋絵と咲太が付き合っているという噂が流れてしまう。これ幸いと朋絵は咲太に「嘘の恋人」になって欲しいとお願いする。

何処か視線の冷たい麻衣先輩……誤解は解けたんだか解けてないんだか「嘘の恋人関係」は始まっていく。

ちょっと変わったラブコメの始まり始まり。

感想などなど

一巻の最後で時間が巻き戻っている描写がありました。二巻はそんな現象に気づいた所から始まります。

思春期症候群。その名前が瞬時に脳裏に浮かびます。

誰かが明日になって欲しくないと強く思っているのではないか。桜島麻衣先輩と彼氏彼女の関係になった咲太がそんなこと望むはずもなく、とりあえずいつもと変わらない一日の中で違う行動をとっている人を探してみると……

朋絵が告白から逃げていました。

理由は自分には分かるような……分からないような……。その告白をしてくる先輩が、自身の友達が憧れている人で、自分が告白されたという事実があるとその友達に嫌われてしまい、クラスでも孤立してしまうとのこと。

友達は片手で数えるしかおらず、女性に対して「生理か?」と真顔で言い放つ、強心臓の咲太には当然ながら理解できるはずもなく。

そんな説明の最中にも携帯を何度もチェックし、友達からのメッセージに対して瞬時に返信。彼女曰く「すぐ返さないと嫌われちゃう」。

そんな一日を繰り返している最中に起こった事故。

「朋絵ちゃんとグラウンドで麻衣先輩に告白した男(一周回ってありの男)が付き合っているらしい」

どうせ一日はまた繰り返されると思ってほっといた咲太を知ってか知らずか、時間は進み待ち望んだ明日がやって来ます。

こうして始まる「嘘の恋人関係」。どこかニセコイを思い出しますが、あれは親からむりやりのお願い。

こっちは後輩からお願いされた別に断ったっていいお願いです。

咲太はそのお願いを受けたところで、得は一切ありません(まぁ、可愛い後輩とデートできる……がメリットですかね)。

それでも彼は受けました。「仕方ない」と比較的あっさりと。

 

ブコメとしては比較的典型的展開。そこで関わってくる厄介な存在が思春期症候群。彼も彼女も自分の思いに気づいた上で選択を迫られます。

予想はできました。途中で麻衣先輩も言及しています。それでも、最期の最期で予想の斜め上を行きます。後輩を応援したくなる、そんな作品でした。