工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

オリンポスの郵便ポスト 感想

※ネタバレをしないように書いています。

世界観に浸っていたい作品

情報

作者:藻野多摩夫

イラスト:いぬまち

あらすじをざっくりと

火星に人類が住み始めて200年という月日が流れた。そんな火星に存在する一つの都市伝説

オリンポスの郵便ポスト

太陽系最大の火山 オリンポス山 のてっぺんにあるとされる郵便ポストに投函された手紙は、神様がどこへでも、誰にでも届けてくれるという。

赤土広がる大地をローバースクーターでひた走る郵便配達員の毒舌女 ”エリス” は肉体を機械に入れ替えた改造人間 ”クロ” に「オリンポスの郵便ポストに連れて行って欲しい」と依頼を受ける。

総移動距離8635kmに及ぶ長い旅が始まった。

感想などなど

最近本読んでないなぁと書店にて最近のラノベにはないような表紙とあらすじに惹かれて購入。

あらすじから何となく分かるかも知れないが、本作にハーレム要素は欠片もない。ヒロインという存在もいない(強いて言うならクロがそうなのかな)。というか主人公が女性である。

ストーリーも淡々と進んでいく。目的だけ見れば、”オリンポス山に向かう”という実にシンプル物であるのだ。世界を救いに行くというわけではない。

それでも、読み終わった後に感じたのは「もっと世界を味わっていたい」という何とも説明しがたい読了感だった。

この物語の舞台は ”人が火星に移り住んでから200年後の火星” というSFチックなものだ。そんな200年間の歴史が二人の過去を交えつつ、物語ときれいに混ざり合っている。

その歴史が二人の関係性にも深く関わってくる。最後は読みながらある程度予想できるにしても、感動するものだった。

最近のラノベにはないような雰囲気を持つ作品だ。ハーレムなんかに飽き飽きしている、SFチックな作品を読みたいという人にはぴったりだと思う。

 

 二巻の感想はこちら↓

tokuro.hatenadiary.jp

 

九工大文藝部活動記録のブログもやってます↓

tokuro.hatenablog.com