九工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

キラプリおじさんと幼女先輩3 感想

※ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます(一巻の感想はこちら→キラプリおじさんと幼女先輩 感想 - 九工大生のメモ帳

仲間と共に強くなる

情報

作者:岩沢藍

イラスト:Mika Pikazo

ざっくりあらすじ

プレイヤーの頂点を決める全国キラプリ大会の地区予選が開幕。

個人部門に、翔吾と千鶴は意気込む。しかし、

二人は一人の幼女先輩に惨敗する。

一人で闘うことを誓った新たな幼女先輩 ”香春林檎”

次に、二人で行う『協力モード』での全国大会進出を狙うが、そっちにも ”林檎” は ”一人” で参加するのだという。

仲間なんて邪魔だと切り捨てる林檎に二人は勝利することができるのか?

感想などなど

ようやく三巻を購入できました。そういえば、この作品のジャンルはロリコメと言われてるそうで……上手いですね。

今回も女子小学生とラブコメ展開を繰り広げています。

今までの巻では二人の距離感はどうにもぎこちなく、仲良くなったとは言っても互いの理解が足りていなかったように思います。二巻の「翔吾と、一緒に遊びたかっただけだなのに」という発言までの流れが、それを特に表していますね。

そんな二人に會田さんは「共同生活」をするように指示します。

こうして共同生活が始まるわけですが、千鶴は何か秘密を抱えているようです。

さて、主人公の正念場。

主人公の選択とは?

 

まぁ、ラブコメ要素はさておいて。スポ根的要素もあります。

仲間達の助言や支え、願いに背中を押されて、二人は戦いの舞台に足を運びます。

相手は一人で強くなると心に決めていた林檎。

一度は惨敗した相手。

最強とも言える相手。

努力はした。しかし、勝率は限りなく低い……そんな熱いバトルの開幕です。

 

幼なじみや白川、清盛もちゃんと登場します。個人的にはもっと絡ませて欲しかった。けど話の展開的にも仕方ないのかなぁとも思ったり……。

 

最期に今まで主人公の名前を省吾と間違っていましたことを謝罪いたします。正しくは翔吾です。もう編集しております。日記感覚で気軽につけている本ブログですが、今後ともよろしくお願いします。