九工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 感想

※ネタバレをしないように書いています。

彼女の先生であり、暗殺者であり、そして……

情報

作者:天城ケイ

イラスト:ニノモトニノ

ざっくりあらすじ

マナという能力を持つ貴族が、人類を守る責務を負う世界。

能力者の育成学校に通う貴族でありながら、マナを持たない特異な少女メリダ=アンジェル。彼女の才能を見出すために家庭教師としてクーファ=ヴァンピールが派遣される。

彼女の才能がないと判断された場合、彼女を殺すように

と、暗殺者としての命令を背負って……

能力がすべての世界の中で、苦しみに満ちた人生を歩みながら、報われない努力を重ねるメリダ。そんな彼女に対して、クーファが下す決断とは。

感想などなど

マナという能力を用いて戦うバトルラノベ。主人公のクーファはステータスが未知数であるものの、教師として雇われている背景だったり、戦闘シーンを読み進める限りかなり強い。

対してヒロインのメリダ=アンジェは最弱だ。

能力者の育成学校に通うみんなは当たり前のように、マナを扱っている。

それぞれの特性を駆使して、技の名前を叫んで繰り出す。

マナを纏うことで段違いに上がった身体能力は、メリダを圧倒する。

有名な貴族一家の娘でありながら、弱い以前に戦いすらままならない彼女。

彼女の存在は悪い意味で目立つ。彼女がどんな扱いを受けているかは、今これまでの説明からある程度察してもらえると思う。

罵詈雑言は日常茶飯事、とだけ言っておきましょう。

 

しかし、彼女は懸命にあがきます。勉学は人一倍取り組み、肉体の鍛錬も怠らず。

 

それでも、マナが使えることはありません。

 

彼女が今懸命に積み重ねている努力も、マナが使えるようにならなければ、無駄骨に終わります。

 

そんな彼女を見て、暗殺者であるクーファは何を思うのか?

 

アニメ向きの作品であるように思います。戦闘シーンもあり、ちょっぴりエロイシーンもあり。王道のライトノベル、といったところでしょうか。