工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

ガンゲイル・オンラインⅣ サード・スクワッド・ジャム ピトレイヤーズ・チョイス<上> 感想

※ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます(一巻の感想はこちら→ガンゲイル・オンラインⅠ スクワッド・ジャム

最強で最高で最悪のメンバーが集った。

情報

作者:時雨沢恵一

イラスト:黒星紅白

監修:川原礫

ざっくりあらすじ

第二回スクワッドジャムから三ヶ月後、第三回スクワッド・ジャムが開催される。

その大会には何と――

ゲームに命をかける狂気の女 ピトフーイ

ラインなし狙撃と最強の盾を持つ男 M

両手にグレネードランチャーのゲーマー フカ次郎

ピンクの悪魔 レン

四人が手を組み、スクワッドジャムに挑む。

感想などなど

前巻ではピトフーイとの最期の最期まで読めない熱い死闘を経て勝利。最終的に優勝はできなかったもののピトフーが死ぬという最悪の展開は阻止した。

最後にはピトフーイの正体が神崎エルザであるという衝撃の事実も判明。……まぁ、察しのいい人なら大体分かってただろうけど。

最期の最期まで面白い展開が続いて、読後感もいい。本当最高だった。

 

今回もスクワッドジャムが開催される。

さて、あらすじに示している主人公のチームを見て欲しい。明らかにチートである。

これまでを読んでいただいているのならば、分かっていただけるだろう。

フカ次郎はさておき(武器的にバックアップ専門)、全員が全員一人で一チーム程度なら壊滅できる実力を持っている。

個々の我が強すぎて連携ができない……なんてこともまるでない。個々の実力や能力を最大限生かしながら、状況に応じて最適な作戦で応じていく。

優勝は確定……かのように思われた。

他のチームからすれば、ピトフーイ率いるチームは優勝するためにはいずれ闘わなければならない相手。

無策で挑もうとするほど馬鹿ではない。ピトフーイ達の裏をかこうと画策する。

 

今回のスクワッドジャム。今までのスクワッドジャムとは一味違う。前回はピトフーイのリアルが出資者であったが、今回はとあるガンマニアの作家(一体何雨沢何だ……)が出資者である。平凡な大会では面白くないという彼は考えを巡らせた。

まず、舞台は海に囲まれた孤島である。

しかし、ただの孤島ではない。

海に沈もうとしている孤島である。つまり自由に移動できる範囲がだんだんと制限されていくわけだ。

次に新ルールを設けた。

ネタバレにあるので多くは語らないが、残りチームが少なくなった時、”さらに面白いゲームにするため” に発動される。

この上巻ではそのルールが発動されるところで終わるのだが、ルールが発表されてから、最後のピトフーイの笑顔はかなり印象に残った。

 

アニメ二期はよ(このブログ執筆段階ではアニメ5話)。

 

↓次巻の感想はこちら

tokuro.hatenadiary.jp