工大生のメモ帳

読書感想その他もろもろ

なれる!SE6 楽々実践?サイドビジネス 感想

ネタバレをしないように書いています。

※これまでのネタバレを含みます(一巻の感想はこちら→なれる!SE 2週間で分かる?SE入門 感想 - 九工大生のメモ帳

女怖い。

情報

作者:夏海公司

イラスト:Ixy

ざっくりあらすじ

 大学のゼミの同窓会で再会したアイドル的存在の伊織に工兵はバイトをしないか持ちかけられる。仕事内容は職場の無線LAN導入。

それなりに場数と修羅場を積んできた工兵は、かわいい女の子からの誘いを断ることもできず、意気揚々と彼女の職場へと向かった。

それが大いなる苦労の始まりだとは知らずに……。

その他ヒロインとの掌編を四編収録。

感想などなど

今までとは打って変わって掌編集となっている。まずは表題作である「楽々実践?サイドビジネス」について語らせていただこう。

始まりからして漂うのは不穏な空気である。第一巻、詐欺のような手で騙されてこの会社に入った過去をこの男――工兵は忘れているのだろうか。

今回の状況は「幅広い仕事を安い賃金で一人にやらせる」という説明でぜっくりとではあるが状況は伝わると思う。

最初頼まれた仕事は無線LANの導入。

すぐ終わるやないかい! と思ってしまう。

事実すぐ ”無線LAN” の導入は終わった。ただし、それだけにしては多いお金をいただいてだが。

「女怖い」と上では書いたが、実際はSEというものについて何も知らない素人と悪意を持って相応の収入を払おうとしない経営者が怖いと言った方がいい。

最近TwitterでもSEの職業が受けている不遇の扱いを目にする度に悲しくなっている(と同時に、なれる!SEで見たと思っている)。

この6巻もそれなりに前の作品であると思うのだが、時間がいくら経とうとも社会というものは大きく変わらないのだな、とラノベを読んで悲しい気持ちになってしまった。

最期の最期スカッとしていい気持ちになったが、どこか釈然としなかったのは自分だけではないと思いたい。

 

エピソード2では検証作業、エピソード3では採用試験。さくっと読める短さで、相変わらず関わる必要のないややこしい事件に巻き込まれていく。

しかし、今までよりはかなり優しい。何か自分の感覚が狂ってきている気がしないでもない。

エピソード2「今すぐ始める?検証作業」は「無名のベンチャー企業が作り上げたゴミを売る」という内容。どれほどにゴミかは読んで確認していただきたい。例えるならばゲーム買ったけどアプデにアプデを重ねなければ使い物にならない商品みたいなものです。

エピソード3「絶対合格?採用試験」は絶対に落とす立華と採用試験を担当するという内容。SE要素が薄いですが、あの人のフルネームが判明します。

 

さて、ここから先の物語はあまりSEの仕事内容とは関係ない。全く無関係とは言わないが、これまでのヒロインとの掛け合いに重きが置かれている。

完璧超人といっても過言ではない橋本課長と度々飲みに行っている工兵が彼女の相談にのる「心に残る?三分間スピーチ」。自分もいつかこんなことしたりするのでしょうか。

ストーカー女で酒飲み。立華と対等に語り合うことができる唯一の女性職員姪浜梢が断酒を目指して奮闘する「完全?禁酒マニュアル」。マニュアルと書いてはありますが、全く役に立たないことをここに明記しておきます。

 

さくっと読める内容です。この作品で採用試験の受け方を学びました。